主婦のつぶやき

【愛知県 子育て】地域に知り合いのいなかった私が感じた孤独。そこから抜け出すために親子でやったこと。

結婚して7年。子どもが生まれてから生活が変わった。

2011年の春に結婚した私は結婚式の次の日に夫の住む地域に来ました。それまでは1回新しく住む場所を見に来たことがありましたが、インターネットで検索しても田舎なので、これといった特別な情報は無く、どうになかなるだろうな~くらいにしか思っていませんでした。

それから、住んでみて7年。色んなことがありました。

silviarita / Pixabay

地域に知り合いがいない県外出身者の子育ては孤独

地域に知り合いが全くいなかった私は「地域での疎外感」を強く感じていました。とりあえず、子どもがいない頃はただ「友だち」ができれば良いなと思い、習い事を始め、一緒にカフェに行ったりする友達ができて満足。

でも、妊娠、出産してから再び訪れたもっと深刻な「地域での疎外感」。これはそれまでに感じたことのないものでした。

私の住む地域には地元出身の人が多く住んでいます。外からの人にもわりと親切だと思うし、生活もしやすい方ではあると思います。

だけど、何をしていても心細い私は、行く先々(健診、予防接種、皮膚科、スーパー、公園)でおじいちゃん、おばあちゃんと来ている子ども達がいっぱいいて羨ましくて仕方ありませんでした。

「おかあさん、この子ちょっと見てて!美容院3時頃終わるから。」と同じくらいのママさんが実母と一緒にいるのが当たり前のような風景を見かけると、なんだか特別羨ましくなり泣きそうになりました。自分は疲れても、風邪をひいても、行きたいところがあっても、この子のお世話を1人でしないといけない。この子と一緒にいつもいないといけないんだと自分を追い詰めるようなことを考えたりもしました。

何かあった時に誰に相談したらいいんだろう?地域に祖父母も親戚もいない娘は、誰に声をかけてもらえるだろう?親に知り合いがいないことで子どもまで寂しい気持ちになったらどうしよう?どんどん悩みは増えていきます。

子どもは当時6ヶ月。

DSC01898

地域とつながるために6ヶ月の娘と始めたボランティア活動

平日は赤ちゃんといつも2人きり。誰とも話さず1日が終わる。サークルみたいなものや教室のようなものにも行ったりしたけど、ペーパードライバーの自分は「じゃあ、今度は~~で遊ぼう!」とみんなが決めた場所には行けず、やっぱりひとりぼっち。

そんな私が「地域とつながる」きっかけとして始めたのが「ボランティア」でした。学生の頃に学んだ英語やスペイン語を活かした何かを、子どもと一緒にできたらいいなと思っていた頃でした。「ボランティアなんてよくやるね。」とよく言われる度に、「そんなに偉いことしてるわけでもなくて、ただ暇なだけですよ。」と言っていましたが、それは本当で私は寂しさを埋める為にお金を払って色んなイベントに親子であっちこっち行くくらいなら、少し地域のためになることを、地域の人と一緒にしたいなと思ったのです。家に引きこもっているよりずっと良いかな、と。たいした高尚な気持ちはありません。

と言っても、赤ちゃん連れは普通の「ボランティア参加」とは話が違います。まだ歩けもしない赤ちゃんとできるボランティアというのは広報やホームページなんかにも載っていなくて、市の社協や国際交流協会に電話やメールで問い合わせをしたりして色々探しました。

「赤ちゃん連れ可」のボランティアなんて実際はなくて、ボランティアは「子育てが落ち着いたらぜひ来てね。」というのが一般的だと思います(ボランティアの内容は赤ちゃんの状態によるけれど、ボランティアはボランティアで責任もあるので赤ちゃんにも負担になってしまうし、お手伝いの前に皆さんのご迷惑になるかも)。

526663 / Pixabay

継続的に参加させてもらった多分野のボランティア活動

そんな中で実際に見学に行ったりして自分達親子の話をしていると「本当は子ども連れのボランティアは募集していないけれど、無理しないで来てみたら?」と幾つかの場所が私たち親子を受け入れてくださいました。

それから私たち親子の生活はぐんと充実したものになりました。ボランティアとして活動に参加している間は、まわりの人達が声をかけてくれ、長女はずっと座ってニコニコしているので毎回行くのが親子で楽しみになりました。

週に2~3回日本語教室のボランティアに行っていた時期もあったし、多世代交流をしている団体で一緒に活動もしたし、多文化共生の活動をしているNPOの教室にも行かせてもらってお手伝いできる作業をしたり。自分の母くらいの年代の人達と活動しながら、パソコンのことやスペイン語のことで力を出す機会を頂けて、「この地域でも私ができることってあるんだ!」と世界が急に広がって、学生の頃のようにどんどん元気になっていきました。

20141006_120519

まわりのママ達はベビーサークルや習い事で忙しい就園前の時期、私は地域活動でスケジュールがいっぱいの日々を過ごしました。

もともと、年代の違う人と仕事や交流するのが自分は好きだったんだなと改めて実感。もちろん、「有償」とか「交通費支給」のものがあればそういうもののほうが良いんだと思います。

それに、子どもが生まれていなければ仕事を見つけて仕事をしていたと思います。「ボランティアをするくらいなら仕事すれば?」とよく言われたのも確か。実際、そういう風に有償に発展していった活動も中にはあるのですが、私の中では赤ちゃんと毎日2人きりで精神的に病んでた時に自分と同じようなママが集まる「赤ちゃん向けのサークル」だとなぜかよけいに寂しさを感じてしまい、そういう時に赤ちゃん連れで自分よりも年代の上の人達と一緒に活動できることで、自分らしく、居場所を見つけられた、という感じです。孤独を感じていた私が親子で地域に入っていく最初のステップとしてすごく良かった。そんな風に考えています。

もちろんこんなことしなくても地域とつながれる人、寂しくない人、仕事として社会としっかりつながれる人、子育てサークルで良い友達と出会える人など色々いると思います。今はSNSとかインターネットが発展しているから色んな方法がありますよね。

F62C03D7-971B-4532-9F2E-280D025E18E4
いっぱいの人に出会えた

ペーパードライバーだった私が公共交通機関と徒歩だけで参加した様々な地域での活動。色んな出会いがあって、全てが大切な思い出ですが、福祉センターで高齢者の人達と切手の仕分けをしたのは特に印象的でした。

使用済み切手を切りながらその場でしか会うことのない人達だけど、「どこの回転寿司が美味しい。」とか「あそこのバスはどこに停まる。」とかたわいのない会話に混ぜてもらって、誰かが持ってきてくれた焼き芋を分けてもらったり、なんかどこかの田舎にいるような温かい感じがしました。

中高年や高齢者の人がほとんどで、最初は赤ちゃん連れで来たことをびっくりする人もいたけれど、みんなが温かく仲間に入れてくれて、月に1回の開催なので、その時1度しか行けなかったけど、またいつでも行っていいんだと嬉しくなりました。

日本語教室のボランティアの経験

日本語教室で出会った外国から来たママやパパとの出会いも自分に大きく影響を与えました。「違うこと」が仲良くなるきっかけになる。そうやって「友達」ってできるんだ!

県外から来たことで悩む自分もいれば、海外から来たことで悩む人もいる。抱えている問題はお互い様々だけど、一緒に楽しいことをしていると自然に新しい道が見えてくる。この時に知り合った仲間と一緒に「グローカルとよた」という市民活動団体をつくって活動をし始めました。

あわせて読みたい
【サークル紹介】多文化サークル、Glocal Toyota、愛知県豊田市の公園でお花見ピクニックをしました。インド、韓国、モンゴル、ベルギー、フランス、トルコ、日本。パパやママの出身国はワールドワイド!毎年恒例となってきたグローカルとよたの児の口公園でのお花見ピクニック。 長縄に子ども以上に大人がハマっていました笑 どこの国...
あわせて読みたい
【サークル紹介】色んな国の人と友だちになれるよ!Glocal Toyotaのバーベキューはこんな感じ。海外出身のパパやママが教えてくれる楽しいバーベキュー。 毎年恒例のイベント メンバーがみんな仕事や育児、勉強で忙しくてなかなか頻繁には活動できませんが、バーベキューとお花見は毎年恒例の行...
あわせて読みたい
【International Playgroup】Meet friends globally and locally with Glocal Toyota!What's Glocal Toyota? Toyota city is where many people who come fro...

家庭教師にもトライ

子どもが1才になった頃は半年間、子どもが寝てから高校3年生2人の英語の家庭教師もしていました。知り合いの人に頼まれて自宅でしていましたが、生徒さんは2人とも自分でちゃんと勉強できる生徒さんだったので、大変なことはなく、私にとっては地域の高校生と触れ合えるとても楽しいひと時でした。

自分の娘も地元で進学するならこのお姉さんたちのようになると思うと地元の高校も良いなと思えたし、自宅で英語を教えられるというのも赤ちゃんのいる私にはすごくありがたかったです。

image

本当は誰とでも「友だち」になれる、それで元気をもらえる

地域に「友だち」がいなかった私は「同じ月齢の子を持つママ友が欲しい。」「同じ県外出身者の友だちが欲しい。」「同じ小学校地区、同じ幼稚園に通う友だちが欲しい。」「同じ趣味を持つ友だちが欲しい。」こんなキーワードで友だちが欲しいと思っていた時があります。

実際に孤独だった自分に元気になるきっかけをくれた人たちは、子どもがいない人、結婚していない人、主夫のパパさん、外国から来た人など、実に色んな人で、自分とは違う人達!

なので、「友だち」って、別になんでもいいんですね。ただ「なんでも話せる」って大事だと思います。誰でもそういう知り合いが地域のどこかにいたらあんなに寂しくなることはなかったのかな。

DSC03811

もちろんママ友の情報網、これに敵う者は無し

子どもが少し大きくなり、幼稚園やサークルに入ると親子で友だちができて、そのつながりも嬉しいものです。特に「子育て」(「介護」もきっと同じ)などの情報は同じような立場の人同士で交換できると、確かに生活はずっと楽になります。

すごく必要な情報があるのなら(特別な治療を欲しているとか)そういうつながりをたまに見つけるのも良いのかもしれません。

なので、「友だち」って、「知り合い」含め、色んなつながりでポコポコ出て来るとやっぱり良いんだろうな。同じ皮膚トラブルを持つ子を持つママさんが通っている皮膚科がどこかとかもやっぱり参考になるし。色んなつながりがあると一番良いんですね。

image

「当たり前」は地域や人によって少しずつ違う。

結婚して家庭を持ち、地方で暮らしてみて、周囲のことに「囚われない」ってことがもちろん大事だと分かりました。それと同時に「馴染む」(あまりこの言葉は好きじゃないけど)というか、「慣れる」「受け入れる」というのも新しい環境で生活していくのに大切なことだなと感じます。

「当たり前」のことっていっぱいあるけど、「もしかしたら、それって『当たり前』じゃないのかな?」と一歩立ち止まって考えたい。当たり前じゃない人もきっといる。でも、新しい友だちは新しい場所での生活に慣れていくのに、重要な存在。どんな話し相手でも良いから、どこかで見つけられると良いんだろうな。