子育て

【キッズフリマ】売るのも買うのも、子どもだけ!

最近、キッズフリマをよく見かけます。

売るのも、買うのも子どもだけ。売る側は小学生3年生以上で、買うのはもっと小さな子でも大丈夫なようです。

IMG_0343

「うわ~!お買い物したい!」とテンションが上がる娘達。

400円だけ渡して、姉妹でお買い物をしてきました。

IMG_0329

売ってるのは、小学3~小6の子どもたちだけ。

これ、すごく良い体験!

私も小学1年の時に学校で「お店屋さん」をするのに、「雑貨屋さん」になって折り紙などで色んなものを作って売ったのをすごく覚えています。あと、作ったクッキーを売って寄付金にしたり。楽しかったなぁ!

IMG_0342

お金を稼ぐ方法は色んな方法があるけれど、これくらいの年代の時に「やりたい!」っていう気持ちから、アイディアを集めて工夫して、勇気を出して声を出したり、そんなことが全部「大変だけど、なんかすっごく楽しい!」っていう風になる。仕事の基本だろうなって思う。

買い物中は、2才と5才の娘達が渡した400円で何を買ってくるのかドキドキしてしまい、ずっと外からジロジロ見ていました。まだお金の単位も計算も分からないので余計ハラハラしてしまう。

IMG_0340

IMG_0341

IMG_0328

帰り道では、「ママ、早くお金のこと知りたい。何円が高くて、何円が安いか分からないよ。お買い物ちゃんとできるようになりたいもん。200円は高い?10円は安い?」と真剣な顔で訊いてきた娘。

お金の単位、足し算、あと一番は物の価値とその値段。10円だって、「それで10円?」と感じるものもあるし、200円だって相応のものであれば問題ないんです。だけど、それって一言では説明できないし、大人でさえこの感覚は人によって違うから年長になったばかりの娘には何て話したら良いか…。

帰宅してからは、私と夫で十進法の話を何度もして、「難しい。頭痛い。」と言いながら、だんだん「えっ?10円と5円は一緒になったら、15円になるの?50円と50円は100円玉になっちゃうの?一緒の数字にしてもいいの?別々の数じゃないの?」と少し足し算や十進法の存在に興味が出てきたようです。

家族でフリマ初出店する際に参考になるように「みんながどんな風にお店出してるか見てこよう。」という目的もありました。

【子育て】フリマ初出店!準備や子どもの反応。

「お姉ちゃんたちみたいに『ありがとう。』とか『いらっしゃいませ。』ってちゃんと言いたい。」「おつり渡すのもやってみたい。」って言ったり、意欲倍増。寝る前は「あー、今度はまーちゃんのフリマだ!よし!」と気合が入っていました。

Translate »