観光、名所

【愛知県豊田市の秋祭り】拳母祭りの見どころはここ!紙吹雪舞う黄金色の秋の2日間、迫力ある山車と声に興奮せずにはいられない!

三河の三大祭りの一つ、拳母祭り

豊田市の中心市街地で行われる『拳母祭り』。普段、豊田市ではなかなか見られない歴史と風情を感じる見ごたえあるもの。お祭りの主役は、8輌の山車たち。高さは5.5m~6m! 重さはなんと4~5tと言われています。

毎年10月の第3日曜とその前日

毎年10月に開催される拳母祭り。毎年10月の第3日曜とその前日の土曜日で、雨が降ったり、天候が荒れると中止になることもあります。

初めて見た時は快晴の日で、それはもう素晴らしく感動しました!「豊田市でこんなお祭りがあったんだ!?」と驚きました。夫も、10年以上豊田に住んでいたのに「なんでこれまで1度も見に来なかったんだろう?」と悔しがっていました。豊田市が普段まわりに見せている顔とはまた違います。

三河の三大祭りは知立祭り、足助祭り、それとこの拳母祭り。ぜひみんなに一度見てもらいたいお祭りです。

image

親子で楽しめる見どころ

2日間にわたる大きなお祭り。朝は5時半から夜は奉納花火が19時半に終わります。子連れで、ずっと外で全てを見るのは無理です!私が子連れで何度か見に行って、親子で楽しめる見どころを紹介します。

2日目が見どころいっぱい。いっぱい写真が撮れるようにバッテリーとデータ容量にはゆとりを!

9:30 拳母神社前にて式典 10時境内へ曳き込み

拳母祭り一番の見どころ。拳母神社はすごい人です!娘は肩車でした。号砲の後に、一輌ずつ境内に入っていきます。あの大きな山車がすごい勢いで駆け込んでいくので大迫力。

image

image

image

image

2日目 16:00 曳き出し、16:45 泣き別れ

拳母神社から各町に山車が戻っていきます。

豊信本店前交差点の「泣き別れ」は晴れていたら絶対に見て欲しい!

image

image

image

image

image

フィナーレは豊田市駅でも、山車が駆け巡り、いつものしずか~な豊田市とは雰囲気がまるで違って、エネルギーがあふれていました笑

image

image

image

image

image

紙吹雪をまくのは、1番最初の車を「華車(はなぐるま)」と呼ぶようになり、くす玉や特別な飾りをするようになり、それにより、紙吹雪を撒いて特別な演出をするようになったそうです。

その他の時間にもふるまい、七福神踊りや子ども歌舞伎など、常に何か行われていて、2日目はずっと外でお祭りに夢中になってしまう私たち親子でした。

image

image

場所は拳母神社を中心に徒歩圏。GPSでチェックすると山車がどこに今あるか分かる。

拳母神社はどこにある

全ての山車が集合する拳母神社は豊田市駅の近くにあります。駅から徒歩で行くことができます。車の人は、豊田市駅周辺の3時間無料パーキングの駐車しても大丈夫だと思いますが、当日は周辺道路は交通規制があります。

Googleマップで開く

GPSはどこで見られる?

お祭りが近くなったら、公式ページからGPSページにいけます。

http://koromomatsuri.com/

拳母祭りの概要

日時 毎年10月の第3日曜とその前日の土曜日
場所 豊田市駅周辺、拳母神社周辺
豊田市駅周辺の駐車場 http://tm-freeparking.com/
見どころ&スケジュール
公式サイト http://koromomatsuri.com/

忙しい人は、2日目の拳母神社か豊信本店前だけでも見に来るだけでも感動を味わえます。

人が多いので、小さなお子さん連れの人はちょこちょこ見る感じでも十分楽しいと思います。拳母神社には、ベビーカステラとかの出店があって、うちは塩キュウリを食べていました。他の地域でも色んなイベントがやっている時期なので、県外にでかけてしまいそうになりますが、天気が良ければ拳母祭り、お勧めします!