スポンサーリンク



Translate

【多文化子育てサークル】「子どもと一緒に楽しむクリスマス」日本の様子を発表しました。

スポンサーリンク


外国にルーツを持つ子どもをサポートしているNPOトルシーダとの出会い

愛知県豊田市には外国にルーツのある子供とその家族をサポートしているNPOトルシーダというNPO団体があります。
私が愛知県に来たばかりの時に小さな子どもを連れていても何か社会や地域とつながれる、誰かの役に立てる場所は無いかな?とインターネットで検索してたまたま見つけたのがトルシーダさんでした。
無料のホームページサイト、jimdoでホームページを作りたいけどなかなかできないと書いてあるブログを読み「何かお手伝いができたら。」とメールを出して、それから時々遊びに行ったり、ほんの少しですが在宅でできるパソコン作業のお手伝いをさせてもらう時があります。

多文化子育てサークルの活動(愛知県の事業)に参加

そのトルシーダが愛知県の事業として多文化子育てサークルの活動をしています。
私は普段、グローカルとよたという多様なバックグランドを持つ人同士が一緒に楽しめる交流の活動をしていますが、今回はそういうところのご縁から「日本人の家庭の冬の過ごし方などを話して欲しい。」とお話しを頂き、夫と娘2人もみんな一緒に会に参加させて頂きました。
IMG_5508始まる前に初めて会った子と遊ぶ娘

「日本の冬の過ごし方」を発表

この12月16日(2017年)の回は色んな国のクリスマスについて話すのがトピックだったようですが、私たちは「お正月」に重きを置いてお話をしました。
imageパワポで日本のクリスマスやお正月についての説明をしながら、スーパーやIKEAで買った凧を見せたり、カルタやすごろくも見せました。
IMG_5381IMG_5507パワポでコマのスライドを入れたときに「コマも体験して欲しい!」と思い立ち、当日の朝4時に起きて急きょ50個のコマを夫婦でなんとか折り上げます。
image1つのコマは3枚の折り紙から出来ています。
imageあと、お年玉とおみくじのことも出てくるので、ぽち袋に「おみくじシール」を貼ったカードを入れたりしました。
IMG_5517会場に賞品も用意しておいて下さり、子どもも大人も喜んでくれて嬉しかった!

家族みんなで楽しみながら準備をしました

当日の昼ごはんの時までこういうものの作成にバタバタしていましたが、年中の娘がシール貼りや吹き出しを色鉛筆で書いたり、マスキングテープを貼って封をするという事務作業を丁寧に迅速に行ってくれものすごく助かった~。
imageすごいぞ!5歳!
私はちょうど同じ場所で違う用事があったので、自分の報告が終わったらあとは夫に頼み退席させて頂きました。申し訳ない!休憩時間にちょっと戻ってきたら夫が他の通訳さんとおせちの見本用の黒豆を美味しそうに食べておしゃべりしてて新鮮な光景。夫は床を拭いたり、パソコンの操作を手伝ったりものすごく生き生きしていました。
家庭の中ではお互い色々ありますが、夫も「何か人の役に立ちたい。」と常に思っている人なので、今日のような機会は嬉しかったのではないかと感じました。
パワポは私が作り、当日の朝に夫と打ち合わせし、その後読み込んでくれ、会では参加してくれている子ども達の反応を敏感に聴きながら臨機応変に話を進め、毎月英語のスピーチの会に出かけている私よりもずっとうまくプレゼンしていました。会社でいっぱいプレゼンするからでしょうね。それが地域活動で生かせる機会っていうのもありがたい機会。
image他の国の出身者もそれぞれのクリスマスについて話したり、踊ったり、とても和やかで楽しい会だったとのこと。パネトーネや黒豆を煮の試食、ぬいぐるみチャリティー、粘土、おみくじ。子ども達も色々な国の親子さんたちと楽しい時間を過ごさせて頂きました。
NPOトルシーダ
愛知県内で外国にルーツを持つ子ども達の居場所づくりとして「日本語教室」を開いています。

スポンサーリンク



コメント