スポンサーリンク



Translate

【ペーパードライバー】結婚して豊田市に来て車に乗れないとけっこう大変だった話

スポンサーリンク


車社会豊田市は車に乗らない人には厳しい?

Toyotali
結婚を機に豊田市に来て、夫が乗っていた車が私にとってはとても大きなSUVで運転するのが怖く、数年間ペーパードライバーで過ごしました。車社会豊田市ではマイノリティの人々、車に乗らない・乗れない人達、意外といます。私も最初は「私だけ?!」と焦りましたが、同じ年の子を持つペーパードライバーのママさんに出会った時にはめちゃくちゃ嬉しくて連絡先を交換してしまいました笑

今は車に乗っていますが、ペーパードライバーの人に会うとものすごく親近感がわいてしまいます。ペーパードライバーだって健康的だし、お金かからないし、良いこともいっぱいあるんですが、豊田市にいると少数派で少し寂しくなっちゃうんですよね。

車を運転できない人はどんな人達?

人それぞれ事情がありますが、私が出会った人達はこんな人達

  • 運転するのが怖い、ペーパードライバー(私もこのタイプ)
  • 免許を持っていない、教習所に行けない理由がある(外国人などで日本で試験を受ける必要がある等もこのタイプ)
  • 車が1台で常に家族が乗ってしまって自分は乗れない(このタイプは運転は問題なく出来るのであまり悩んでいない)
  • 年齢や病気で運転できない(割り切れている人が多い)

どうして車を運転できないと不便か?

関東や関西、九州でも福岡の都市部など、地下鉄やバスが発展・展開している地域は車が無くても生活できます。むしろ駐車場代など考えると持たない方が生活しやすいはず。豊田市では何故こんなに不便なのでしょう?

  • 家から駅までが遠い(駅ができ、その周辺に住宅地をつくっていく、という順番では無かったようで、駅から遠いところにニュータウンや住宅、大きなマンションが建っていることがよくある)
  • バスの本数が少ない(1時間に1本あれば良い方で、1日に数本、1週間に数本の路線もあります。)
  • 電車料金が高い(利用者が少ないと高くなるのは当たり前ですよね。)
  • タクシーは自宅からタクシー会社に電話して呼び出さないと来てくれない(街の中心の駅を除いては、市内をタクシーがぐるぐる走っていて、道を歩く人が気軽に「ヘイ、タクシー!」と手を挙げてとまってもらえる風ではない。

私は結婚して夫の住む豊田市に地理的なことが何もわからず来たので、住む場所も夫に任せて決めてもらいました。夫は建物が新しく私が気に入るだろうと築年数の浅い社宅を選び、まわりは工場と田んぼの田舎風景でも、市民農園なんか始めて私も新婚生活をエンジョイしようとしていました。

何かしようとすると必ずぶつかる「どうやって行こう…?」

知り合いもいなく、毎日家事以外することも無い。友達や知り合いも欲しいし、何か始めてみようと広報を見たり、インターネットで情報を調べるようになりました。興味のある次の2つを申込みました。

  • 外国語の勉強→豊田市駅近く
  • 運動不足解消のためのヨガ→一番近くの公共の体育館

なんでも揃う豊田市駅まで片道1時間ちょっとかかっていた(車だと20分)

その日出かける時は雨が降らないか、帰りのバスは走っているか、出かける前にチェックが必要。

  1. 1時間に1本あるバスを二回乗り継ぐ(乗り継ぎは同じ系列のバスなのでスムーズ)
  2. 若林駅で15分くらい電車を待ち、電車に乗る
  3. 豊田市駅から目的地まで歩く

打ち上げや懇親会に行く時には誰かにお願いする

市役所や大きな施設は駅の近くにある場合が多いので(そういうところにしか行こうとしない)問題無いが、そういうところに行くようになると「この後みんなで食べに行こうか?」とか「別の日に○○(飲食店)で打ち上げします!」とかそういう話が出て、そういう時はもう仕方ないので「すみませーん、私、車運転しないのでどなたか一緒に連れて行って頂けますか?」と訊くことになる。幸い、この時のメンバーの人達はとても良い人達で「そっかー!私と行こう!」とか「私も結婚して数年はペーパーだったよ~、運転怖いよね!」と言ってくれて安心した。

さて、帰る時はそんな逆方向の豊田市のはずれまで送ってもらうのは申し訳ない。夫に事情を話し、仕事が終わる22時頃までどこか喫茶店などで一人で待つようにした。

ペーパードライバーのままでいるワケ

「練習すれば乗れるようになるよ、きっと!」と声をかけてくれる人が多い中、どうしてそうできないのか?私も学生の頃は千葉県の実家からお台場までドライブをしたり、千葉から栃木まで友人を乗せて旅行に行ったり、実家の車を借りて運転をしていました。卒業後に四国のNGOに行き、そこで運転業務を同期の中で誰が引き受けるかという話になり、「じゃあ、施設のまわりを一度運転してみろ。そこで俺が判断する。」と言った担当の人と5分間ずつドライブ。

毎日車に乗っていた同期の2人は合格。免許は持っているものの車の運転が上手ではなかった私ともう一人を不合格にし、色んな言われようをし、その時から「自分は車に乗ってはいけないんだ。ま、いっか!」と自分も車に乗らない人になろうと開き直ってしまったところがありました。

よく「トラウマがあって。」という人がいるけど、ペーパードライバーを卒業できないのはそのあたりが原因の人が多いのではないかと思います。私もそれに似ていたし。6年目の今は乗るようになりましたが、縦列駐車とか今も難しいので運転は向いていないのは本当かも。私に運転を許可しなかった施設の担当者も私が運転が超下手ということはすぐにわかったのでしょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ みよし情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク



コメント